PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)について

Pocket

「PMO」とは、プロジェクトマネジメントの支援していくチームの事で、業務内容はプロジェクトマネジメントに関わる資料の作成や進捗管理などプロジェクト推進に必要な支援業務全般に渡ります。

しばしば「PM」と混同されることもありますので今回はまずは違いとPMOの業務内容や注目の背景、役割などについて詳しく解説していきます。

PMOとは

PMOとは

「PMO」とはProject Management Office(プロジェクトマネジメントオフィス)の略で、マネジメントに関する研修などの人材開発や業務支援、リソースやコストの各種調整、個別企業に適応した環境の整備など組織内におけるプロジェクトマネジメントの支援を行います。

PMOの主な業務内容は「プロジェクトマネジメント業務」であり、プロジェクトの方針について意思決定を下すポジションではありません。また、原則PMOは複数人の人材でチームを結成し、それぞれのマネジメント業務を分担して行います。

PMOとPMの違い

「PMO」と「PM」は名前が似ていることから混同されがちですが、その業務内容は大きく異なります。「PMO」が先に挙げたようなプロジェクトのマネジメント業務を行うのに対し、「PM」はプロジェクト全体の意思決定を行うリーダー的な業務を行います。

PMO導入のメリット

PMOがいない場合、プロジェクトを成功に導くにはPMや開発メンバー個々のノウハウなどの経験則が頼りになりますが、負担が偏り過ぎてしまう可能性とともに、進行に支障をきたす恐れがあります。

しかし、PMOを導入することでプロジェクトマネジメントに必要な専門知識を身に付けた人材がプロジェクトマネジメント業務を分担してPMやプロジェクトを支援する事でベストプラクティスの共有や品質の向上、迅速な人材確保・調達などを行う事が可能になりプロジェクトに関わるメンバーのモチベーションの向上や負荷分散を行う事が可能になります。

PMOの役割、職種

PMOの役割、職種

日本PMO協会ではPMOを「PMOアドミニストレータ」「PMOエキスパート」「PMOマネージャー」という3つの大きな役割に分類してPMOの仕事内容を定義しています。

それでは、それぞれの役割についてみていきましょう。

PMOアドミニストレータ

PMOアドミニストレータはプロジェクトデータを収集し、その都度更新してプロジェクト参画チームや企業に共有します。また、それに準ずる書類作成や経費、参画メンバーの稼働管理などを行う、最も事務的な業務を担当する役割です。

PMOエキスパート

PMOエキスパートは、プロジェクトのスケジュール作成や、進捗状況を見ながらのプロセス改善、情報の可視化や標準化など、プロジェクトチームの現場環境の管理を担当します。また、プロジェクトに必要なツールを開発したり、そのツールの使用方法をプロジェクトチームに教えたりと社内教育や人材育成も行います。

さらにプロジェクトの各種決済に必要なデータを収集したり、プロジェクト利害関係者と企業の中継役を行うビジネスアナリスト的な役割も担います。

PMOマネージャー

PMOマネージャーは主にPMOチーム自体の戦略や計画の策定、PMOチームの管理・教育など、その名の通りPMOチームがパフォーマンスを発揮するためのマネジメント業務を主に行います。

PMOに必要なスキル

PMOに必要なスキル

PMOになるために必要なスキルや、おすすめの資格試験などをご紹介いたします。

IT知識

プロジェクトやポジションによっても多少変わってきますがステークホルダーや開発メンバーとの関わりなども多く発生するためIT業界全般に関する幅広い知識があると非常に有利になります。また、特にプロジェクト管理に関わる知識についてはより深く理解しておく必要があります。他にもプロジェクト利害関係者と話をすることなどもありますので、契約実務に関する知識も必要になります。

Microsoft Office(G Suite)

PMOは資料作成が多いポジションですので、Microsoft OfficeのExcelやWord、PowerPoint(Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド)などのスキルも必要になります。

コミュニケーション能力

チーム全体をみて、プロジェクトのスケジュールを管理したり調整を行ったりするためにはコミュニケーション能力は必要不可欠です。また、PMと共に会議に出席したり、お客様と打ち合わせに行くこともあるため、ビジネスマナーをしっかりとしておくことも大切です。

開発経験

PMOは実際にコードを記述しませんが、知識や開発経験があると良いです。知識や経験があるのとないのとでは、開発チームエンジニアとのコミュニケーションの取りやすさが変わってきます。知識がある方がお互いの会話の理解度も高まるので会議や打ち合わせが円滑に進むようになります。

資格

PMOになるために資格は必須ではありませんが、日本PMO協会がプロジェクトマネジメントについての能力を試験する『プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格(NPMO認定PJM-A)』と『PMOスペシャリスト認定資格(NPMO認定PMO-S)』という2つの資格試験を実施していますのでご紹介いたします。また大変参画時に有利になるPMPについても紹介いたします。

プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格(NPMO認定PJM-A)

こちらの資格はプロジェクトマネジメントにおいて基礎の資格試験で、マネジメント経験のない方が将来的にPMOを目指すときの第一歩として利用すると丁度良いものとなっています。また、インターネットを用いてオンラインで対策講座を見ながら勉強し、そのまま自宅で受験することができます。

受験料金は一般の方で税別5,000円、会員の方は一律税抜き3,000円で受験することができます。また、オンライン教材(映像型Eラーニング)は一般で税別25,000円ですが、個人会員ですと税別20,000円で、法人会員・学生会員の場合は税別17,500円で購入することができます。

プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格(NPMO認定PJM-A)

PMOスペシャリスト認定資格(NPMO認定PMO-S)

こちらはPMOとして働くうえで必要となる基礎知識を認定する資格試験です。PMOスペシャリスト認定資格は先にご紹介したプロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格を取得していないと受験できませんので、PMとして必要なスキルが身に付けて、プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格を取得したら、次はこちらに挑戦して、PMOとしての知識をしっかり身に付けると良いでしょう。

こちらに関しても同様にオンライン教材で学習して自宅でオンライン受験ができます。受験料金は一般の方が税別5,000円で、個人会員・法人会員・学生会員は一律税別3,000円で受験できます。そしてオンライン教材は一般で税別12,000円で、個人会員・法人会員・学生会員は一律税別9,800円で購入できます。

PMOスペシャリスト認定資格(NPMO認定PMO-S)

PMP

PMOではなくPMの資格ではありますがPMOとして高単価案件に参画する上では非常に有利な資格となります。また、PMPを持っていない場合でもPMBOKを理解し適切にアピールをすることができれば大変有利に働きます。

PMOの需要

PMOの需要

現在は需要が高い

一昔前までは存在自体が周知されていなかったPMOですが現在はその存在価値が認められ、需要も高くなっています。さらにプロジェクト一つひとつを担当するPMOだけでなく、社内すべてのプロジェクトを統括する「社内PMO」を導入している企業も少なくありません。また、PMO人材が少ないという現状もあります。

PMOの認識が異なるケース

大規模案件ではコンサルのような立ち位置の場合もあり、企業によっては「PM補佐」と呼ばれる場合もあります。また逆に「ヘルプデスク」や「SEサポート」などのポジションをPMOと同じように扱うこともあります。このように幅広い意味でPMOを使う場合がありますので、業務を行う前の事前打ち合わせでは内容を詳しく聞くようにしてください。

PMOの平均収入

PMOの平均収入は高い傾向にあり、弊社の運営するエンジニア向け案件情報サービス「フリエン」でもPMOの方は70万〜80万、PMOサポート案件であっても50万円以上になっており、英語や、高度な専門知識を有する方、PMP取得者などは収入は100万円を超えてらっしゃるケースも多いです。IT業界のなかでも特に高収入を目指せるポジションです。

PMP

PMOに向いている人

PMOに向いている人
プロジェクトチームを始め利害関係者や他の企業と関わることも多いポジションなので、ビジネスマナーはもちろん調整能力に長けている方に非常に向いています。

また、チーム全体とスムーズにコミュニケーションをとるためのコミュニケーション能力も非常に重要です。また並行して、常に物事を俯瞰的に観察しプロジェクトの全体像を掴み、論理的な思考ができる方には向いています。