名刺に自宅の住所を載せたくない…そんなフリーランスのための方法を紹介

Pocket

名刺に自宅の住所を載せるのは嫌だ…」
名刺に個人情報をできるだけ載せたくない…」
こう思うフリーランスの方は多いのではないでしょうか?

とは言え、

  • 名刺に住所を記載することは常識なのでは?
  • 名刺に住所がなければ信用されないのでは?

と不安になる方もいるでしょう。

そこでこの記事では、フリーランスの方が名刺を作るときの住所記載についての疑問やよくあるお悩みを解決していきます。

具体的には

  • フリーランスの名刺に住所なしでも仕事に弊害はないか?
  • 自宅住所を名刺に記載することで起こりうるデメリットとは?
  • 名刺に個人の住所を記載したくないときの3つの対処法

の順番で紹介していきます。

この記事が参考になれば幸いです。

信用がなくなる?フリーランス名刺住所なしは弊害がある?


住所なしの名刺でも、基本的に仕事には弊害がありません。会社員時代は名刺に住所記載があることが当然だったため、違和感を感じる方もいるかもしれません。

しかし、フリーランスの場合、個人情報をむやみにバラまくことには慎重になるべきです。

今は誰でもグーグルマップですぐに自宅を特定できますし、最悪のケース空き巣などの盗難被害にあったり、仕事でトラブルがあれば嫌がらせ被害に合う可能性もゼロではないです。特に一人暮しの女性や家族と同居している方は、注意が必要です。

郵便物が届かない

名刺に住所を記載しないと郵便物が届きません。
そのため不便に感じることもあるでしょう。郵便物のやり取りが多い場合は、後述する「名刺に住所を載せたくないフリーランスが取れる方法」を参考にしてください。
請求書などのやり取りも最近はメール添付で済まされることが多いため、郵便物が届かなくても支障がないフリーランスの方も多いでしょう。

相手によっては信頼がなくなる可能性も

名刺に住所を記載しないと相手によっては信頼されにくくなる可能性もあります。
名刺に記載される住所=会社の所在地です。中には「所在地が明確でない会社は信用できない」と思う人もいるでしょう。また住所記載がないと取引先の担当者が郵便物を送りたいときに不便だと思うこともあるでしょう。

渡す場面によって住所が必要かどうかは異なるため必須ではない

名刺交換する相手は、そのときどきでさまざまです。社交辞令に近い名刺交換もあれば、本格的に仕事に直結する名刺交換もあるでしょう。
そのため渡す場面によって、あなたの住所を伝えるべきかどうかは異なってくるのです。

明らかに「今後付き合いはないだろう」と思う相手に個人情報を教える必要はありませんし、ほとんどの場合すぐに詳細な住所が必要となる仕事はないでしょう。そのため名刺に住所を記載することは必須ではないのです。

フリーランス名刺住所が自宅であると起こりうるデメリットを紹介


名刺に住所を記載することは必須ではないと前述しましたが、「やっぱり住所は記載しておきたい」と思う人もいるでしょう。そんなときは、名刺を発注する前にこちらのデメリットを読んでおいてください。

会社員であれば名刺の住所は会社の所在地

自宅の住所は、電話番号よりも変えるのが非常に大変です。フリーランスの場合、自宅の住所=会社の所在地になるからです。もし引っ越しをしたなら、当然名刺の住所も変わります。

さらに

  • 開業届けの住所変更(税務署にて)
  • 納税地の移動に関する届け(税務署にて)
  • 引越し先にて国民健康保険への再加入(市役所にて)
  • 自社HPの住所記載変更

などの手続が必要です。

「会社の住所を登録しているすべての住所変更が必要」になってくるのです。プライベートで引っ越しする度にこの手間がかかるのです。

名刺は渡した瞬間から相手が管理するもの

住所を書いている名刺を渡してしまったら、その瞬間からあなたの個人情報をどう扱われるかは相手次第です。自分でコントロールできません。

悪用されることはほとんどないでしょうが、最悪のケース個人情報を売られたり、雑に扱われ名刺をシュレッダーにかけず廃棄されることもあります。そのため自分の個人情報は自分で守る必要があるのです。

最悪の場合は犯罪に巻き込まれる可能性も

名刺に住所を記載すると、最悪の場合は犯罪に巻き込まれる可能性もあります。仕事でのトラブルが原因で自宅に無理やり押しかけてきたり、ストーキング被害などに遭う可能性もゼロではありません。

名刺住所を載せたくないフリーランスが取れる方法そ紹介


名刺に住所を記載するといろいろなデメリットがあります。そのため「名刺に住所を載せたくない」と思う方もいるでしょう。そんなあなたは、こちらで紹介する名刺の作り方を試してください。個人情報漏洩の危険を防げます。

町名まで記入

名刺に、住所の町名までを記載する方法です。具体的な番地・部屋番号などを載せなければ、あなたの個人宅を特定されることはありません。

また途中までだとしても名刺に住所をきちんと記載できるため、必要以上に信頼感を削ぐこともありません。詳細な住所が必要なときだけ、個人的に伝えれば良いのです。

名刺を2種類作って使い分け

名刺を2種類作り使い分ける方法です。あらかじめ住所ありと住所なしの名刺を2種類作っておき、場面により使い分けるのです。ほとんどの場合、名刺にメールアドレスや携帯番号を記載しておけば事足ります。相手とのやり取りに困ることはないでしょう。

そのため本当に住所が必要な相手にだけ、住所ありの名刺を渡せば良いのです。これなら個人情報をバラまくことがないため安心ですね。

バーチャルオフィスを活用

バーチャルオフィスを活用する方法です。バーチャルオフィスとは、仮想事務所のことです。実際の事務所は存在せず、住所だけを間借りするシステムです。

バーチャルオフィスでは、一般的に下記のようなサービスを行っています。

  • 郵便物の転送
  • 電話番号・ファックス番号の利用権利
  • 会議室などの利用権利など

つまり自営業として必要不可欠な住所や電話番号を利用したいけど、自宅で作業するため実際に事務所を借りる必要がない人のために、住所や電話番号を貸し出すサービスです。

これなら自宅住所と完全に切り離された住所(=会社の所在地)を名刺に記載できるため、個人情報の心配をする必要もなくなりますね。

まとめ:フリーランス名刺住所を載せる必要はない!信用が深まった人に住所を渡そう


フリーランスは名刺に住所を載せる必要はありません。独立したてのときは、会社員の名残りから「名刺に会社の所在地がないなんて信じられない…」と思うかもしれません。

でも実際は、さほど仕事に支障が出ないことがほとんどです。信用が深まり安心できる人にだけ住所を渡せば良いのです。

フリーランスで働いていると、人脈を広げるため!仕事を受注するため!と必要以上に名刺を配ることもあるでしょう。そのときに名刺に住所などの個人情報が記載されていれば、自分の個人情報をバラまくことになる事実を忘れないでください。

不必要なトラブルに巻き込まれないよう名刺には必要最低限の個人情報だけを記載するようにしましょう!

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」