フリーランスが受けるべき健康診断を安く受けるテクニック! 1/2

Pocket

きちんと健康診断を毎年受けていますでしょうか?
忙しさやお金の問題からなかなか受けに行けてないという方多いのではないでしょうか

    • フリーランスとして独立した後、気付けば健康診断を受診していない期間が続いていた。
    • 身体が資本であることは理解しているが、健康診断にかけるお金と時間がもったいない。
    • フリーランスにとっての健康診断は活動資金であるため、経費として計上したい。

と考えている方へ朗報です。

この記事では、

  • 健康診断の必要性
  • 安く受けられる4つの方法
  • 健康診断は経費になるのか
  • どうしても健康診断を受けられないフリーランスにおすすめの3つのツール

について解説します。

フリーランスになってから健康管理を受けていないというために、改めて健康診断を受ける意味やお得に受診する方法が参考になれれば幸いです。

フリーランスは体が資本!健康診断の必要性

どの人にも言えることですが、特にフリーランスにとっての健康診断はとても必要です。
では、なぜ必要なのでしょうか。

健康管理のため

健康診断に行かなかった場合、今自分が本当に健康であるか気が付くことができません。もしかしたら、何か重要な病気のサインが出ているかもしれないのです。素人判断はとても危険です。
受けてみて初めて病気や異常に気が付く場合があります。後々取り返しのつかないことにならないために早期発見はとても大切だと言えます。
また、特に問題がなくても安心感を得ることができるため必ず受けておきましょう

安定した収入のため

どの組織にも属していないフリーランスは一人で事業を回しているため、体調を崩し仕事ができない状態になると収入に影響が出てしまいます。つまり、仕事がストップするということは納期に間に合わせることや思うように仕事が出来ず、信頼を失くして次の仕事が来なくなる可能性も考えられます。
そういったことを予防するためにも、自分の健康状態をきちんと把握しておくことが大切です。

健康診断が安くなる4つの方法

健康診断を受けに行きたいけどなかなかいお金が高いなぁ…と感じている方多いのではないでしょうか。
実は、フリーランスにはフリーランスならではの健康診断を割安にする方法があります。

ここでは

  • 健康保険組合の任意継続
  • 特定健診
  • 地方自治体のサービス
  • フリーランス向けの福利厚生

といった4つの方法の活用の仕方を説明します。
健康診断にかかる費用を少しでも抑え、コスパよく受診しましょう!

健康保険組合の任意継続

健康保険には任意継続をすることが可能なのです
任意継続をすると、新しく保険に入るよりもとてもお得に受けることができます。

任意継続健康保険とは

任意継続健康保険という言葉をご存知でしょうか
サラリーマンだった人がフリーランスになった場合、退職後に国民健康保険に加入するか、これまで加入していた社会保険を任意継続するかのどちらかを選択しなければなりません。
もし、後者を選んだ場合経済的負担が大幅に減らすことができます

加入資格

任意継続健康保険は、あくまで健康保険の資格を取得するまでのつなぎの保険です。したがって以下のような要件がありますのでご注意ください。

  • 当健保での被保険者期間が2ヵ月以上あること
  • 2年間継続する意志があること
  • 資格喪失日から20日以内に手続きすること

任意継続する健康保険組合によっては条件が異なるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

申請方法

任意継続する健康保険組合のサイトからダウンロードしたり健康保険組合から取り寄せたりするなどして入手し、

  • 任意継続被保険者資格取得申出書(全員必須)
  • 扶養事実を確認できる書類(扶養する家族や親族がいる場合)
  • 非課税証明書(同上)
  • 所得税に関する源泉徴収票のコピー(同上)
  • 雇用保険受給資格者証のコピー(同上)

といった必要な書類を退職した次の日から20日以内に加入していた健康保険組合に郵送します。

保険料

任意継続の手続きが無事に完了すると、新規の保険証とともに納付書が自宅に届けられます。納付書に印字された保険料を納付期限までに支払います。
納入方法は、

  • 月納
  • 半年前納
  • 1年前納

の中から申請時に選択することができます。
どの納入方法であっても納入期日までに振込がない場合、いかなる理由であっても期日の翌日で資格喪失になりますので注意しましょう

メリットとデメリット

それまで会社の健康保険に加入していた権利を尊重するべきという制定時の趣旨により、任意で継続できるようにしたシステムなので、以下の3つのメリッが存在します。

  • 在職中の月収が28万円以上の場合は保険料が安くなる
  • 保険給付等はいまと変わらず安心
  • 家族全員分の保険が適用される

任意継続保険料は最高限度額があるため、本来支払うべき健康保険料よりも安くなる人がいたり、任意継続の健康保険には扶養という制度があるため、1人分の保険料で家族全員分の健康保険料を支払わずに済んだりできるのです。
一方で、

  • 任意継続期間は2年間
  • 受付窓口が遠方になってしまうかもしれない

といったデメリットも存在します。
住所が変更になった場合、手続きに時間がかかってしまう場合があります。そのため、退職すると同時に必要な書類を揃えて郵送するなど計画的に手続きしなければいけません。

特定健診

自分の健康状態を毎年確認し、健康管理をしていくことが重要です。
1年に一度の特定健診を受診し、生活習慣の改善が必要な方は、指導も受けることができます。

特定健診とは

医療が必要になる前に、健康管理に重点をおいて、生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームを予防し改善することを目的にしています。
40歳から74歳の全ての被保険者と被扶養者が対象となり実施されています。
特定健診は受診の際の自己負担はありませんので、積極的な受診をオススメします。
なお、同一年度内に1回受診できます。

しかし、

  • 妊娠中の人
  • 長期入院中(6か月以上)の人
  • 障害者支援施設、特別養護老人ホーム、介護保険施設などに入所している人

は対象外なので受信することができません。

必須項目

  • 問診・診察
  • 身体計測(身長、体重、腹囲、BMI値)
  • 血圧測定
  • 血液検査(脂質、肝機能、血糖)
  • 尿検査
  • 胸部X線(65歳以上の方のみ必須)

以下は医師の判断により行います。

  • 眼底検査
  • 心電図

特定健診の流れ

被保険者の方は、事業所で実施する定期健康診断の中で特定健診を実施します。
被扶養者の方は、健康保険組合から送付される特定健診受診券を利用して、特定健診を実施します。
まず、特定健診を実施しその結果から指導の対象者を選定します。結果通知表が送付されるので個人に合わせた生活習慣病の改善や特性の情報が提供されます。

特定保健指導とは

特定健診の結果から、生活習慣の改善が必要な人にはレベルに応じた特定保健指導の案内が送付されます。
特定保健指導は、医師や保健師、管理栄養士などが、対象となった人とともに健康づくりを考え、生活習慣の見直しや 改善の支援をします。
保健指導の案内が届いた場合、生活習慣病予防のために特定保健指導を受けてください。
支援の方法について、

  • 動機付け支援
  • 積極的支援

の2種類があります。
定期的で継続的な支援を目的とし、半年後に通信を利用した評価を行います。

地方自治体のサービス

各市区町村では、国民健康保険の加入者を対象に健康診断を実施しています。
ちなみに料金は、無料~1000円程度で受けれるものも多いです。
内容は、

  • 特定健診
  • 後期高齢者健康診査
  • がん検診
  • 人間ドッグ

の中から選ぶことが可能です。

しかし、区民健診、市民健診は自治体によって実施しているところとしていないところがあるため事前の確認が必須です。

フリーランス向けの福利厚生

実はフリーランス向けに福利厚生があるのをご存知ですか?
福利厚生があるのは企業に雇用されているサラリーマンだけではないのです。
ここでは2つの福利厚生について説明します

あんしん財団

中小企業向けの労災保険ですが、フリーランスでも加入することができます。
月々2000円の加入料でケガの保証や福利厚生サービスも盛り込んだ保険を提供しています。定期健康診断の場合1名につき2千円まで、人間ドックの場合1名につき最大2万円までの補助金を受け取ることができます。

ベネフィットプラン

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が提供する国内初のフリーランスを対象にした保険と福利厚生サービスのことです。
入会後、年会費1万円を支払うことでWELBOXの福利厚生が自動でついてきます。その場合、人間ドッグやレディースドッグが最大40%割引で受診することが可能です。

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件をお探しの方は、フリーランスエージェント「アン・コンサルティング株式会社」が運営するフリーランスエンジニア案件・求人サイト「フリエン」からご応募ください。

※新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、フリエンを運営するアン・コンサルティング株式会社では、WEB(ハングアウト、Skypeなど)ならびにお電話によるご面談(カウンセリング)をご案内差し上げております。