【フリーランスの銀行口座】ネット銀行とゆうちょの併用がおすすめ!3/3

Pocket

それでもメガバンクの銀行口座がほしい。そんなフリーランスのあなたにおすすめなのがゆうちょ銀行


先程はメガバンクではなく、ネット銀行の口座がおすすめであると説明しました。
確かに、みずほ、三菱、三井、りそななどのメガバンクはフリーランスにとっては不便と感じることも多いでしょう。

しかし、ゆうちょはそれらメガバンクのデメリットがなく、むしろフリーランスにおすすめできます。

ATM・店舗数の数が群を抜いている

ゆうちょ銀行の店舗、すなわち郵便局は全国に2万4千店舗、ATMは2万8千個もあります。
みずほや三菱UFJが8000個ほどであることを考えると群を抜いて多いことがわかります。

入出金が完全に無料

ゆうちょのキャッシュカード・通帳でゆうちょATMを利用する場合は、曜日・時間帯にかかわらず利用手数料はかかりません。
他のメガバンクでは時間外で手数料を取られてしまうことがありますが、ゆうちょの場合、それは一切ありません。

ファミリーマートでは手数料が無料

「どうしても今現金が必要」
こんなことってありますよね?
コンビニのATMでお金を引き出そうとすると基本的には手数料がかかってしまいます。
先程紹介したネット銀行であっても手数料が無料になる回数が限られています。

ゆうちょの場合はその回数に制限なく、手数料が無料になるのです。
時間は平日の午前8時45分~午後6時と土曜日の午前9時~午後2時と限定されてしまいますが、現金を引き出す機会が多いという人には便利でしょう。
なお、全てのファミマの店舗のATMに適用されるわけではなく、イーネットが運営するATMに限られます。

その数は全国で約1万2000店です。

プライベート用としても仕事用としても便利

フリーランスには働く場所を縛られないというメリットがあります。
もしかすると将来的に地方に移住したいという方もいらっしゃるかもしれません。

フリーランスの移住におすすめの地方都市を知りたい方はこちらもご覧ください。

そんな時にも全国どこにでも店舗やATMがあるゆうちょ銀行は非常に便利です。

最近、ゆうちょは「ゆうちょダイレクト」というネットで残高を確認したり、送金したり出来るサービスを開始しました。
これらは仕事用としてもプライベート用としても非常に利便性が高いです。

まとめ:フリーランスは将来を見据えて事業用銀行口座を開設しよう


フリーランスの方にとって、「審査」という言葉はとても大きな壁。カード発行でも口座開設でも審査があるところはあり、それに身構えてしまう方もいるでしょう。

ただ、事業用口座というのはクレジットカードよりは開設しやすいですし、事業用口座を持つことのメリットの方が遥かに大きいと言えます。

フリーランスの方の中で、まだプライべートと一緒にしてしまっている方がいましたら、まずは今回紹介したおすすめ銀行の中から検討してみましょう。今回紹介したネット銀行は、フリーランス初心者の方でもそうでなくても、比較的敷居の低い銀行。不安に思わず、銀行口座開設について真剣に検討してみることをおすすめします。

事業用口座開設で、フリーランスの効率化を図りましょう!

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」