準備が9割!フリーランスビジネスを成功させる5つのポイント

Pocket

フリーランスのビジネスにどのようなイメージを持っていますか?

  • 自由
  • 大変そう
  • 不安定

などのイメージがあるかもしれません。

今回は、「フリーランスとして自分のビジネスをもちたい」という方のために、自分らしい生活を手に入れるテクニックを解説していきます。

具体的には

  • 先輩フリーランスの失敗例を把握する
  • 会社員以上にビジネスマナーに気をつける
  • 稼げるビジネスを作り上げる段取りを把握する 

の3つを紹介します。

多くの方が陥ってしまいがちな落とし穴やフリーランスビジネスの実態など、幅広く解説していきます。

後悔必須!フリーランスビジネスで誰もが陥る3つの落とし穴

まず、多くのフリーランスが陥ってしまいがちな落とし穴から紹介していきます。
この落とし穴にハマってしまうことで、自分のペースで展開していけるはずのフリーランスビジネスが自分でコントロールできなくなってしまいます。

クライアント探しに明け暮れる

クライアント探しがままならない状態では、フリーランスのメリットを活かすことはできません。
継続的な利益に繋がる商品を展開していない限り、人と出会うための方法を探し続けなければなりません。
仮に顧客が見つかったとしても

  • 「信頼関係を構築できない」
  • 「相手が満足する商品を提案できない」

といったスキル不足によって関係を解消されてしまうことがあります。
一度クライアントの条件に妥協してしまうと、今後も条件を下げることになります。
次第に製品力や提案で顧客を惹きつけることが難しくなるという悪循環に陥ってしまいます。

作業時間に利益が伴わない

作業時間に対し、「どのくらいの利益をあげられるか?」を肌感覚で知っておくことも大切です。
残念ながら会社員からフリーランスビジネスを開始してすぐ人のは、どのくらいの努力に対して、どのくらいの収益を見込めるのかを把握できていないケースがほとんどです。

フリーランスには労働基準法が適用されないという点にも注意が必要です。

経営者としての経理を知らない


フリーランスとしてのビジネスを展開していく上で大きな障壁になってしまう可能性があるのが経理の知識不足です。

フリーランスは最低限、税金が絡む経理の知識を持っている必要があります。
独立して初めて「こんなに税金を納めるとは知らなかった」と言うサラリーマンも多くいます。
資金繰りをしていく上でも税金の基礎知識は必須です。

現実は厳しい?フリーランスビジネスの実態とは?

ここからは「小規模事業者の事業活動の実態把握調査~フリーランス事業者調査編」を元に、フリーランスとしてビジネスを展開している方々の実感を解説していきます。

安定しない?フリーランスの貯金額とは?実態を徹底解説!

「なかなか安定しない」
というイメージを持たれがちなフリーランスですが、40%以上の割合で300万円以上の貯金をしています。

また、年収においても40%のフリーランスが300万円以上稼いでいます。

副業とするか主業とするかによって安定性が異なることは間違いありません。
安定した生活をしながら、スキルアップを図ること自体は決して難しいことではないと言えそうです。

 

年収 主業 副業
100万円未満 16.4% 50.8%
100万円以上~300万円未満 34.7% 37.8%
300万円以上~500万円未満 27.6% 9.8%
500万円以上~800万円未満 3.1% 0.5%
1000万円以上~5000万円未満 2.4% 0.0%
5000万円以上 0.5% 0.0%

満足度70%超?フリーランスをビジネス展開するライフスタイルとは?

フリーランスのうち、70%以上が「満足以上」の回答をしていることも明らかになっています。
特に仕事の自由度ややりがい、生活との両立のしやすさを実感している割合が高く、会社員としての働き方ではなかなか実感できない感覚を味わっています。

その半面、社会的評価や収入に関する満足度は低く、充実感を味わいやすい働き方の代償と捉えることができます。

引用:中小企業庁委託「小規模事業者の事業活動の実態把握調査~フリーランス事業者調査編」(2015年2月、(株)日本アプライドリサーチ研究所)

フリーランスが気をつけたいビジネスマナー5選

会社員とフリーランスの1番の違いは「ビジネスを自分で作っているかどうか」です。
そこに必要な力は「人間関係を自ら創りあげる力です」です。

会社員であれば「◯◯◯◯株式会社」「◯◯部長」などの、個人を装飾してくれるワードがキャリアを積み重ねるうちに定着してきます。

しかし、フリーランスとしてビジネスを展開する立場となれば、その信用をゼロから築き上げていくことが必要になります。
ここでは「一から構築しなければならない人間関係を強固にする」ビジネスマナーを5つ紹介します。

よりマメに!報連相が仕事をつくる

クラウドソーシングサービスを活用したフリーランスビジネスでは、報連相が信頼関係の基礎となるといって良いでしょう。

フリーランスはクライアントの業務を円滑に進めることに価値があります。「遅れてしまう上に連絡がとれない」では話になりません。
安定して仕事の依頼が舞い込むようになり、スケジュールがタイトになってきた頃こそ、よりマメな報連相を心がける必要があると言えます。

人は見た目が9割以上!清潔感のある身だしなみを心がける

社会人として働く上で嫌というほど注意される身だしなみですが、フリーランスとしてビジネスを展開する際はさらに重要になります。

フリーランスが信頼を失うことは、収入や実績を失うことと同じです。
「自由」と解釈されることの多いフリーランスビジネスですが、マナーにおいては例外と言えます。

季節ごとの挨拶を!年賀状やお中元が架け橋になる

フリーランスにとって年賀状やお中元などの日本のしきたりを理解することは、非常に重要です。
「どの時期にどんな挨拶をすべきか分からない」
という方は、早めに身に着けておくことをおすすめします。

気の利いた挨拶や品物が届くことで、途絶えてしまっていた連絡が復活し、顧客を獲得できる可能性を高めることができます。

大事なのは話し上手ではなく聞き上手!

聞くことに対する意識も、「仕事に自信が芽生えてきた」フリーランスが忘れてしまいがちなビジネスマナーです。
特にクラウドワークスを使用したフリーランスビジネスを展開していると、クライアントと対面する機会が少ないため、その重要度に気付けないこともあります。
クライアントの問題解決をテーマとして、話し上手ではなく聞き上手を目指しましょう。

時間厳守!タイムマネジメントがフリーランスの価値を決める

タイムマネジメントは、フリーランスとしての収入を高める肝と言えます。
「小さいこと」と感じられるかもしれませんが、約束時間や納品時間を守れないフリーランスは品質を担保することができません。
自分自身の作業時間も含め、時間を厳守することはフリーランスがもつべきビジネスマナーです。

準備が9割!フリーランスビジネスを成功させる5つのポイント

ここまではフリーランスとしてビジネスを展開する方々が陥りがちな落とし穴やライフスタイル、また求められるビジネスマナーを徹底解説しました。

最後に「フリーランスビジネスを成功させるため」の4つのポイントを紹介します。
具体的には

  • 副業としての期間を設ける
  • 提供するサービスに関するスキルを身に着ける
  • 事業を開始できる環境を整える
  • 他人に仕事を任せ始める

がフリーランスビジネスを作り上げる基本となります。

副業としての試用期間を設ける

  • 「自由な仕事を手がけたい」
  • 「別の収入を得たい」

と思い立っても、フリーランスとしてビジネスを展開するためには試用期間が必要です。
仮にYouTuberに憧れたとしても「本当に向いているのか?」、「ストレスなく他人に勧められる商品なのか?」などの感想は、リアルな体験がなければわかりません。

本当に情熱を傾けられるものでなければ、充実したフリーランスビジネスを手にすることはできないでしょう。

提供するサービスについてのスキルを身につける

前述の試用期間の中で、提供すべきサービスの知識を身につけられます。
「スキルがないのにどうやってビジネスを展開するの?」
と思われる方もいるでしょうが、残念ながら自分の仕事を開始しない限り、人は本気でスキルを身につけようとはしません。

試用期間の中でクライアントに「ベストな提案!」と思えるアプローチをし、何度も跳ね返されるという経験こそが最高の教材となるのです。

事業を開始できる環境を整える

試用期間を経た後は、事業を開始できる環境を整えていきましょう。
独立するためのオフィスや機材、また資金が必要な場合には会社を辞める前に手配してしまうことをおすすめします。
自分らしいライフスタイルを手にできる反面、社会的地位が認められにくいという欠点にも気を配っておくべきでしょう。

他人に仕事を任せ始める

最後にフリーランスとして獲得したビジネスや実績を、他人に譲る準備を進めていきましょう。
フリーランスビジネスに限ったことではありませんが、収益を拡大していくためには人財を育成するという視点が非常に重要であり、どんなに仕事のできる人でもマンパワーには限度があります。
そのため、すでに価値の付いているビジネスや実績を求めている人を探す作業も、事業と同時に進めていくことをおすすめします。

まとめ:フリーランスはビジネスマナーにも気を使ってビジネスを成功させよう!

ここまでの内容を振り返ります。
フリーランスの最終的な目標はビジネスを創りあげることです。
そのためには

  • 報告・連絡・相談
  • 身だしなみ

などビジネスマンとして基本的なことができている必要があります。
加えて、ビジネスを作った後はそれを「他人に任していける」環境を構築することも重要です。
1人で事業の拡大を行うのは限界があります。

これらのことを意識して、フリーランスビジネスを成功させてください。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」