フリーランスエンジニアが福岡で案件を探すときのポイント

Pocket

「エンジニア不足」については、「フリーランスエンジニアが大阪で案件を探すときのポイント」にてご紹介しましたが、国内大手IT企業だけではなく韓国企業も多く進出している福岡も例外ではありません。

そのため、フリーランスエンジニアが福岡(九州エリア)で仕事(案件)を探すときのポイントや情報をご紹介します。

福岡でも売り手市場のITエンジニア

福岡でも売り手市場のITエンジニア

大阪同様に福岡も東京の企業のニアショア拠点となっているケースも多く受託開発が多くフリーランスエンジニアの需要も増加しています。関西エリアの場合は大阪で就職するエンジニアと並行して、東京へ上京するエンジニアが多くIT案件も東京のトレンドに合わせていく傾向があります。

しかし、九州エリアのエンジニアは福岡での就職を希望する方が多い傾向があり、東京や大阪とも違う独自の文化や傾向があります。例えば、博多では九州電力やYahoo、楽天案件が多く、北九州や久留米ではToToや新日鉄、ゼンリン、ブリヂストンなどの企業の案件が多く業務システムのプログラマの需要が多くあります。

また、福岡で立ち上げたベンチャー企業も最先端技術を利用したサービスを多く生み出しており、言語では、JavaやC#.net、C(組込・業務系)、C++やPHPなどの需要が高い傾向があります。

福岡での案件(仕事)の探し方

福岡での案件(仕事)の探し方

福岡エリアでの案件(仕事)の探し方は、東京と原則変わらず、「自分で各企業にパイプを作り直接売り込む」か、「エージェント会社を利用」するか、「クラウドソーシングを利用する」かの3つになります。

常駐案件ならやはりエージェント会社

受託案件が多い福岡では、常駐型の業務系案件のニーズが高い傾向がありますが、IT市場の盛り上がりに比例して、常駐後の評価に総じてリモートなどの勤務形態に切り替わるなどの柔軟な現場が多くなっていくことが予想されます。

非常駐案件はクラウドソーシング

リモートなどの非常金勤案件を探すのであればクラウドソーシングを利用する方が多いですが、福岡エリアでは非常勤案件はまだ、少ない傾向があります。しかし、非常駐に切り替わっていくことも視野にいれながら常駐で信頼関係を作っていくことも良いでしょう。

福岡で活動するときの注意点

弊社(アン・コンサルティング株式会社)は、福岡支社を開設しているいますので、福岡エリアでフリーランスエンジニアとして活動するときに知っておくと良い点をご紹介します。

収入格差

福岡エリアのフリーランスエンジニアの収入(単価)相場は、東京エリアに比べ月単価で約10~15万円、大阪に比べて5万円ほど低い傾向があります。しかし、IT企業の進出による福岡のIT業界・需要の盛り上がりから今後は東京と並ぶIT都市として案件単価が向上していくことが予想されています。

案件のあるエリア

東京エリアや大阪エリアと比べると市場規模が限られるため案件の選択肢はまだ狭く、案件の場所は博多、天神、百道、小倉に集中している傾向があります。

技術特性

基本は業務系の一般的なシステム開発が多いです。しかし、福岡発信でサービスや研究開発を行っているケースも多く、最先端技術やサービスに携わる事も可能です。

地域密着型

大阪以上に市場規模は小さいため、良い噂も悪い噂もすぐに広がる傾向があります。また、並行営業(同じ時期に複数の案件に対し打ち合わせ(営業)を実施する)は、大阪の「タブー視されている」というレベルではなく、事前に並行営業の状況を共有しておけば問題には繋がりづらいと言えます。

まとめ

まとめ
このように福岡エリアは、東京・大阪エリアとも違う文化や地域性があります。

「福岡エリアでフリーランスとして活躍したい」をお考えのエンジニアの方は当フリエンのチャットフォームもしくは「フリエン」より応募のうえ是非当社アン・コンサルティングにご相談ください。

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」