【働き方改革】エンジニアのみなさんが「働き方」を変えるときのポイント

【働き方改革】エンジニアのみなさんが「働き方」を変えるときのポイント
Pocket

昨今では「働き方改革」が推進され「アルバイトや派遣から正社員へ」「今の会社から別の会社へ転職」などの選択肢に加え、「フリーランス」という働き方を視野にいれる方が多くなってきています。また、独立や企業を視野にいれて「フリーランス」としての活動をスタートさせる人もいるかもしれません。

フリーランスという「働き方」を検討しはじめたエンジニアのみなさんが自身の活動を有利に進めるためにどのような事が出来るのでしょうか。

今回はITエンジニアのみんさんが転職やフリーランスを考えた時にしておきたい行動や情報収集に有益な活動をご紹介いたします。また、会社員とフリーランス、それぞれのメリットについても考えていきます。

「会社員」と「フリーランス」それぞれのメリット

「会社員」と「フリーランス」それぞれのメリット

エンジニアの働き方は、企業エンジニアとフリーランスエンジニアの大きく2種類に分かれます。では会社員として働くメリット、フリーランスとして働くメリットはそれぞれどのようなところにあるのでしょうか。

会社員のメリット

  • 毎月の収入が安定する
  • 各種保険や税金管理は会社が行なってくれる
  • ボーナス支給や福利厚生といった給与以外の恩恵が受けられる
  • 仕事は会社が用意してくれる
  • チームとしてプロジェクトへの一体感を持ちやすい

などが挙げられます。

収入に変動が無いことは日々、生活をしていくうえでは重要なことです。また、プロジェクトに対して自分ごととして取り組みやすいため、コミットしやすいことやチームとしての充実感が得られるのも一つのメリットといえます。

フリーランスのメリット

  • 収入の大幅なアップが望める
  • 結果と収入が比例するため働いた成果を実感しやすい
  • 営業や財務などエンジニア以外の仕事も経験出来る
  • 自分で働く時間や場所を選択出来る
  • 自分のスキルアップにつながる

などが挙げられます。

フリーランスは成果と収入が比例しやすいため、働き方によって収入が伸びやすくなります。また、自分で働き方や仕事を選択できるのも、企業に所属していないからこそのメリットです。

転職・案件(お仕事)情報収集

転職・案件(お仕事)情報収集

転職やフリーランスを検討しはじめたエンジニアのみなさんが、転職や案件の情報収集をする方法をご紹介します。

エンジニア向け転職・情報サイト

最初は、エンジニア向けの転職やフリーランス案件(お仕事)を扱っているサイトです。こうしたサイトは「企業への転職案件を主に扱うサイト」「企業とフリーランスの両方に向けた情報を提供するサイト」「フリーランス向けの案件・求人が豊富なサイト」の大きく3種類に分けられます。

例えば、フリエンあれば「フリーランス向けの案件・求人が豊富なサイト」に分類できます。転職サイトと一言でいってもサイトによって強みが変わるため、自身の方向性や収集したい内容に合わせてサイトを選ぶと良いでしょう。

企業主催のIT勉強会

気になる企業がある人や自分の目で企業を見たいという人は、企業主催のIT勉強会やイベントに参加すると良いかもしれません。

イベントに参加することで企業の開発に対する熱意やエンジニアのみなさんへの待遇を肌で感じられます。また、社内エンジニアから会社の情報や実情を教えてもらえるケースもあります。

コワーキンススペースやITイベント

休日や仕事終わりを活用したい人におすすめなのがエンジニアが多く集まるコワーキングスペースやITイベントへの参加です。東京や大阪、福岡には、多くのコワーキングスペースがあります。こうしたスペースには他業種の様々なエンジニアが集まるため、分野を超えて情報交換をする場所として活用できます。

「働き方」を変えるときにやっておきたいこと

「働き方」を変えるときにやっておきたいこと

最後に、ITエンジニアが他社への転職やフリーランスへの道を考えた時にやっておきたい3つのことをご紹介します。

引継ぎ準備

まずは、引き継ぎ作業を少しずつ開始しておくことです。

早いエンジニアさんですと1ヶ月くらいで次のお仕事(働き方)が決まってしまうほど、IT業界は人材不足の状態です。働き方を決め次のお仕事が決まっても「引き継ぎトラブル」が起これば、退職のタイミングが遅れてしまいます。これは、せっかくの機会を逃してしまうことにもつながりかねません。日々変化し続けるITエンジニア市場に乗り遅れないためにも、身の回りを整理し、いつでも飛び出せる状態にしておくことが必要です。

逆算して準備する

新しい環境でのお仕事が始まる時期などを考慮して逆算してスケジュールを立てておくことも大事です。

新しい環境のために必要な知識やスキルはもちろん、人によっては引越しなどの環境の変化が伴うかもしれません。特に会社員の場合は、すべてのことを同時並行で進めるのは物理的にも精神的にも負荷が大きいため、早い段階から事前準備を行うことが成功の鍵を握ってきます。

また、フリーランスを検討している場合には、案件獲得のためにエージェントサービスやクラウドサービスへの登録などを行なっておくと話がスムーズに進めやすいです。

希望分野の勉強

希望している分野の勉強を事前にしておきましょう。

異業種や新しい分野(業界、言語など)での働き方を検討しているエンジニアさんはスキルアップのための勉強や情報収集を進めておくことをおすすめします。もちろん新しい案件(お仕事)に参画してからでも構わないのですが、事前に情報が手元にあると何かと話がスムーズに進めやすいです。

また、エンジニア同士の横のつながりを利用すれば、業界に関する情報も収集しやすいので意識することをおすすめします。

まとめ

【働き方改革】エンジニアのみなさんが「働き方」を変えるときのポイント

ITエンジニアが転職やフリーランスへの道を考えはじめた時に情報収集に向いているサイトや開始したいことについて紹介しました。転職するにしても、フリーランスとして働くにしても、情報収集は欠かせません。ぜひ、エンジニアのつながりを利用して、効率の良い活動を進めていってください。

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」

フリーランスエンジニアの案件・求人サイト「フリエン」